Twitterを使って宣伝活動したい企業向けに活用術を徹底解説します。

SNSの最前線はTwitter

企業の宣伝にSNSが利用されるようになってからしばらく経ちます。
特にTwitterは、宣伝目的でSNSを始めるという意見が上がれば「とりあえずTwitter」と言った具合に、企業のSNS進出の土台としての活用が顕著です。

 

しかし、SNSの運用は甘くありません。
市場で注目されているからと言って、SNSで通用するかどうかというのは別問題です。
Twitterで効果的に企業の宣伝を行いたいならば、“Twitter活用術”を最大限生かした活動を行いましょう。

 

Twitter活用術

ハッシュタグを使いこなす

Twitterには「#(ハッシュタグ)」という文化があります。
ツイートの文末にハッシュタグから始まる文章を埋め込むと、あとから検索をした時に同じハッシュタグに関連したツイートを纏めて閲覧できる機能です。
例えば企業の宣伝ツイートに「#教育」などのハッシュタグをつけると、効率的に教育関係者の目にとまります。

 

アナリティクス分析

SNSを活用した広報活動は即効性がある点がメリットです。
特にTwitterでは「Twitterアナリティクス」という分析機能を使えば、ツイートが閲覧された回数やリンクがクリックされた回数などを分析することができます。
データはダウンロードできるので、傾向の分析と対策を重ねることでツイートをどんどん効果的なものへと調整できるのです。

 

プロモ機能で効率的な広告

新商品や企業アカウントの存在を知らせたい場合に「プロモ機能」を使えば、多くのユーザーに投稿を届けられます。
基本無料のTwitterでは珍しく広告費を支払う必要がありますが、潜在ユーザーまで企業の情報が届けられる優れた機能です。

 

運用方針を決定する

Twitterの運用において「運用方針」は大切です。
最近は無機質に情報を受け取るだけでなく、“中の人”と呼ばれる企業アカウント運用者との会話を求めている人も多いです。
どちらの方が効果が高いかという点は不確かで、元々企業が持ってるイメージにも左右されます。
しかし運用の方向性を決めておくことは新たなブランディングにも通ずるのです。

 

SNSに対する知見のある企業にオススメ

SNSのイイネやコメント

企業の宣伝活動において、SNSの重要性は言うまでもありません。
特にTwitterはいつ始めても遅くはなく、多くの企業が日に日に参入を決めています。
しかし、Twitter運用は一筋縄ではいかないのが事実。
アカウントを作るだけならまだしも、有名になるためには苦難の道のりです。

 

一歩間違えれば炎上を引き起こし、逆に企業のイメージを悪くしてしまいます。
効率的に宣伝を行うためにも、炎上を引き起こさないためにも、Twitterを正しく活用する術を理解しておく必要があるのではないでしょうか。

» 企業のFacebook活用術