法人名義のクレジットカードはメリットがいっぱい!起業後すぐでも審査に通るの?

法人名義クレジットカードの利点

便利な法人名義クレジットカード

起業した際は、代表者個人名義のクレジットカードをそのまま使い続けることもできます。
それでも審査に通るのであれば法人名義のクレジットカードを作っておくことをオススメします。
個人ではなく法人名義にすることで経営者からの借入や立て替え払いになる会計処理が簡略化するだけではなく、カード払いできる領域が広がるなど様々なメリットがあります。

 

法人カードのメリット①帳簿が楽

個人名義のカードを使うと、会社から代表者に借りて払ったことをする必要があり、個人使用と会社使用の支払いを区別しないといけません。

 

法人名義のクレジットカードを作れば、会社の経費や支払いを独立して処理することができ、支出を把握するのが簡単になります。

 

起業したばかりの小規模業者の多くは税理士を使った場合でも、会計ソフトを使って自分で帳簿に入力していきます。
法人カードを導入するなど会計処理をシンプルにすることは機会損失の軽減に繋がります。

» 法人税申告は自力で出来る?

 

法人カードのメリット②ポイントが貯まる

クレジットカードの利点はポイント還元を受けられることです。
仮にポイント還元率0.5%で年間100万円を利用すれば5,000ポイントが付与されます。
個人名義のカードでもポイントは貯まりますが、契約が法人だとカード払いの設定が個人名義のカードだとできないものが多数あります。
光熱費、携帯代、ネットプロバイダなどが代表事例です。

 

法人名義のクレジットカードを作れば、カード払いできる領域が広がるのでポイントも貯まりやすくなります。

 

また、個人名義のカードは家族カードの対応になりますが、法人カードは従業員の分のカードを作ることもできます。
現金精算する機会も減って会計が楽になり、従業員の使う経費もカード決済することでポイントが効率的に貯まります。

 

法人カードのメリット③付帯サービス

クレジットカードには様々な付帯サービスが用意されています。

 

法人カードの場合は、 電話による経営コンサルタントや税理士による相談サービスなど、ビジネスならではのサービスが付くことがあります。

 

起業する新米経営者はこうした電話相談サービスが役に立つものです。
そのほか、出張時のホテルやレストランの割引などの用意もあり、ビジネスホテルとの提携など個人向けカードでは扱っていない優待やサービスが多数あります。

 

起業してすぐに法人名義のクレジットカードは作れる

起業してすぐに作ることもできる法人名義クレジットカード

一般的には直近2期で黒字決算をした実績が法人名義のクレジットカード申込審査の通る基準と言われています。
起業して間もない会社はカード審査に落ちることも多いので注意しましょう。
しかし、昨今は法人名義のクレジットカードでも設立1年目や2年目でも作れるケースが増えています。
貸し倒れリスクが高いことを理解した上で、将来のメインカードとして使ってもらえる将来性から柔軟な対応をしてくれるケースがあります。
2期分の黒字決算がないと、入金履歴のある通帳コピーや事業計画書など通常よりも厳しい審査と提出書類を求められるケースがあります。
法人カードが欲しければ、まずは気軽に申込審査を行ってみましょう。審査に落ちても他のカード会社に相談すればチャンスがあります。
オリコ、JCB、アメックスなどが創業して間もない法人から人気です。
融資を受ける予定がなく、赤字決算になる見込みが強ければ創業当初にカードを作っておいた方が有利になるケースもあります。