脱サラして起業した場合、失敗した時に今の地位に戻れないことを肝に銘じましょう。

よく考えて企業しよう

起業は勢いで会社を起こすことも必要ですが、リスクを把握して計画性を持っていないと後悔することもあります。
事業を起こそうとしている方は、いま一度本当に起業するべきなのか良く考えてみましょう。

 

 

失敗した時に今の地位に戻れない

脱サラして起業する場合は、失敗したらまた就職活動すればいいと簡単に考えてしまう方がいます。
なかには会社を起こした実績が評価されて、再度就職するときもキャリアアップできると思ってしまう方もいます。

 

しかし、一度会社を辞めると履歴書の傷になり、もとの待遇と同等の仕事が見つかるとは限りません。

 

特に新卒で入社してずっと同じ会社に勤めている人は慎重に検討しましょう。

 

独身の実家暮らしなど背負うものが少ない人はチャレンジしてみる価値がありますが、家族を養っている方など生活費が多い方は手堅い会社員を続けた方がメリットが大きい場合もあります。

>>起業するメリット・デメリット

 

 

個人事業主ではだめなのか考えなおす

大きいビジネスをしようとしたり、社長に憧れる見栄で法人設立にこだわる方もいますが、本当に会社を起こさないとできないビジネスなのでしょうか?
会社を作れば、信用力があり仕事が獲得しやすく、融資や第三者の出資を受けて最初から大きな事業を始めることもできます。
しかし、何の土台もないままいきなり法人設立して成功するのは非常に難しいです。

 

もし、やろうとしているビジネスプランで個人事業主から始められることがあれば、初期費用や維持費が安い青色申告から始めてみることも大切です。

 

法人は費用もかかる

脱サラして専業で個人事業主になってもいいですし、まずは副業として現在の仕事を続けながら始めてみるのもアリです。

 

法人を作ると利益が上がらなくて法人税や税理士報酬費用がかかる点も考慮して慎重に検討しましょう。

 

 

新規事業者は信用力が低い

会社など組織の中であれば、会社の看板の力も手助けして簡単に仕事を獲得できます。
起業願望が強い方は、「会社でこれだけ利益を上げているのに給料が少ない。これなら自分で事業を起こした方が簡単に儲かる」などと思っていることが多いです。
しかし、どれだけ会社員として優秀な成績を残していても、新規事業者として同じビジネスをやると信用力の問題で簡単に仕事は獲得できません。

 

特に紹介などのルートではない新規顧客は新規事業者や小規模業者の利用を嫌がる傾向が強いです。

 

ビジネスモデルが決まっている場合は、新規の小規模事業者として運営したときに、本当に思惑通りの売り上げを確保できるのか、しっかり分析することが大切です。