起業して間もない会社から人気の資金調達法がファクタリングです。

起業後の資金調達は?

会社を立ち上げると、事業拡大や運転資金のショートなど、外部からの資金調達を求められる場合があります。
起業後に行う資金調達方法をまとめました。

 

 

銀行からの融資

会社のもっとも一般的な資金調達方法です。
しかし、起業したばかりの会社は簡単に銀行から融資を受けるのは困難です。
実績が無い会社の場合は、事業計画書を作成して銀行に将来的な収益性があることを証明しないといけません。

 

 

消費者金融

消費者金融が扱うビジネスローンは銀行の融資と同様に、実績がなければ事業計画書を作成する必要があります。
審査は銀行よりも緩いですが、金利が高い傾向があります。
また、起業したばかりの経営者は不動産担保ローンを利用される方も多いです。
脱サラして立ち上げたばかりの会社一本で仕事している場合は、社長の個人名義でローンを組むことも困難で立ち上げた会社の将来性を認めさせて審査を通すか、担保系融資を利用するしか方法はありません。

 

 

エンジェル投資家から出資してもらう

エンジェル投資家とは、将来性がある事業に出資をする個人投資家の名称です。
こちらも同様に事業計画書を作成するなど、エンジェル投資家を納得させる必要がありますが、審査基準は投資家次第なので銀行や消費者金融からの融資で断られても融資や出資をしてもらえることがあります。
ただし、エンジェル投資家によっては経営参入を条件にすることもあるので、しっかり相談して出資の話が出ても慎重に検討するようにしましょう。

 

 

ファクタリング

起業して間もない会社から人気の資金調達法です。
本来、売上発生から支払いが1~2ヶ月後になる売掛債権を買取という形で現金化してもらう方法です。手数料はかかりますが、資金回転率が高く、売掛債権さえしっかりしていれば、ほぼ審査不要で利用できます。
民間のファクタリング専門業者はスピード対応、赤字決算可能など利便性に優れています。

 

 

補助金・助成金

創業して間もない会社は国や自治体などからの補助金や助成金で資金調達できる場合もあります。

>>起業は補助金・助成金を活用しよう!

 

 

身内から借りる

起業して間もない経営者の資金調達法で、意外なほど多いのが身内から借りることです。
親や兄弟、親友など身内を回って資金調達をするのは、誰でも抵抗があるものですが金融機関が貸してくれないため、苦渋の決断を取る形がほとんどです。
直接お金を借りなくても、強引に頼み込んで単価が大きい商品を現金払いや先払いで買ってもらう方法もあります。

 

ほかにも車や腕時計などお金になる私物を売る方法もありますが、どちらもその場しのぎで継続して資金調達で利用するのが難しいのが難点です。